子供の便秘解消にスムージーを試してみました

s1
私は33歳の女性です。スムージーを試そうと思ったきっかけは3歳になる子供の便秘解消のためです。もともとひどい便秘体質で、ヨーグルトを食べさせてみたり、マッサージをしてみたり、色々と試してみましたが効果がありませんでした。ひどいときには病院に行って薬をもらったり、浣腸をしてもらったりして、無理やり出していました。さすがに来年から幼稚園も始まりますし、このままの便秘体質ではかわいそうだと思い、どうにか改善させてあげたい思いでした。

そんな時に、同じく子供の便秘で悩んでいた友人から朗報が来ました。それは緑黄色野菜とリンゴとはちみつのスムージーを飲ませたら、便通が良くなったという知らせでした。その友人の子供と我が家の子供の共通点は、野菜嫌いでした。大の野菜嫌いが、とくに緑黄色野菜が嫌いな子が飲んでくれるのか、私は半信半疑でしたが、とにかく試してみることが大切と思い、早速我が家も始めてみました。

インターネットで野菜嫌いな子でも飲めるスムージーレシピを参考にしました。そして人参とトマトとリンゴとはちみつで、一番最初に飲ませてみました。人参は一口も食べない程きらいな野菜だったので、本当に飲んでくれるかとても不安でしたが、びっくりしたことに、ごくごくと美味しそうに飲み干してくれました。りんごの味とはちみつの甘味で、子供本人は全く大嫌いな人参が入っていることに気が付いていませんでした。数日間は同じレシピで続けました。
s2
その後、青臭さのきついホウレンソウや小松菜、ブロッコリーも試してみました。すべて美味しい美味しいと、ジュースのように飲み干していました。ジュース飲みたいと催促されるほどになっていました。期待していた便通も、友人の話通り、驚くほど快調になりました。今まで4日ほどは出ない日があったのが、必ず2日以内には出るようになりました。また便の状態もやわらかくなり、本人も便がしやすくなったようです。スムージーを飲むことで、野菜嫌いも便秘も解消されて、一石二鳥の効果に大変驚いています。なによりそんな素敵な情報を教えてくれた友人に感謝しています。便秘に悩まされている方は、ぜひ一度ためしてみてください。

大人は置き換えダイエットや粉末で時短に使ってる人も多いのではないでしょうか?

【参考】大人の粉末スムージーダイエット

子供でも自分に合う、自分だけの青汁を見つける事、それが継続の力になる。

s3
青汁と聞くと、「なんだか飲みにくそう」「続けられるか不安」等、とっつきにくいイメージが先行します。
実際に青汁を飲んでみないと伝わりにくい部分もありますが、普段から野菜不足を感じている方には特に、ダイエット+デトックス効果が期待できます。
この場合、普段の生活習慣の中に、どのタイミングで摂取するかが重要になってきます。
効果的なのは食事前の一杯です。かといって毎食前に飲むというのは過剰摂取になってしまいますのでNG。
朝一番に口にすることになる朝食前、特にオススメなのは夕食前。夜は代謝が落ち、摂取した栄養を体が蓄えやすい時間帯。
食べる順番ダイエットの様に、食事の際、一番最初に青汁を飲むことで、食べ過ぎや急激な血糖値の上昇抑制にも一役買ってくれます。

食物繊維が豊富に含まれているということから、期待できる二つ目の効果。それは、便通の改善です。
この効果で腸内環境が整えられ、本来の活発な働きを取り戻す為のきっかけとなります。
便通の改善が実感できる頃になると、今度はお肌の調子にも変化が表れ始めます。
青汁の良いところは、一つ効果が出始めると、連鎖的にさらなる体質改善が望める点です。
そして、これらを実感できる体を手に入れる為に一番大事な事、それは、「継続」するということです。
効果がないからと言って、すぐに諦めないこと。継続は力なりと自分に言い聞かせ、腰を据えて習慣付けるように続けましょう。
飽きずに続ける為の工夫も必要です。冷水割り、ミルク割り、ヨーグルトに、お湯割り‥味に主張やクセがない青汁だからこそできる自分だけの摂り方を見つけることです。
s4
一般的に口にするものというのは、温度が低い方が飲みやすく、クセを感じにくいとされています。
温度の高いもので割った場合に、クセを感じない青汁。それが本当にクセの無い青汁です。
現在では様々な「青汁」と付く商品が市場には溢れています。
青汁選びの際、特に気にすべきなのは主原料。それが何であるかという点に気を付け、青汁を選びましょう。

青汁の習慣を続ける上で大事な要素は「クセの有無」と「味」です。
よく市場で目にするのは、大麦若葉、ケール、明日葉などが主原料のものです。
緑茶味、抹茶味、野菜本来の味など、そこからさらにバリエーション展開します。
この両者の組み合わせから、自分の好みに合いそうなものを選びましょう。
大麦若葉ベース+抹茶味が一番ベーシック且つ、万人にも受け入れやすい味でオススメです。
自分で選んだ青汁で、最初の一か月を経過した頃には、体の変化を実感できること確実です。